HEAVY HEAVY LOW LOW
TURTLE NIPPLE AND THE TOXIC SHOCK

2,100 yen (tax in)
DOOM-0005
2009.1.24 on sale.

01) Hahahahahahaha
02) Giant Mantis VS. TURT nip
03) How Many Dad's Must Eat Themselves?
04) 3000, 100 Points, 100pts, Gummy Octopi
05) H.D.EYE Hybrid Cyborg
06) Trot Line Beer Can
07) The Toxic Shock Mountain Blues
08) R4TB3LLY
09) Eagle Mewnadria
10) Supernova Ninja Surfers
11) Is This Your Homework?
12) Green Genes
13) Wasted (BLACK FLAGカヴァー)
14) Rotten Church / Mall / Parking Lot
15) Please, That Bitch Will Outlive Us All
【日本盤ボーナストラック】
16) Inhalent Abuse
17) Pizza Party
18) Short-Term Explosure, Long-Term Damage

 04年初頭、カリフォルニア州サン・ノゼ出身で結成されたHEAVY HEAVY LOW LOW (以下HHLL) は、まだ平均年齢20歳そこそこのバンドだ。

 アメリカでのツアーを3度回った後にFERRET MUSICとの契約に成功。デビュー・アルバム「EVERYTHING'S WATCHED, EVERYONE'S WATCHING」をリリースし、THURSDAY、HORSE THE BAND、TERA MELOSらと共に怒濤のツアーをこなすと、デビュー作は、20,000枚以上のセールスを記録した。

 08年6月、2ndアルバムとなる本作「TURTLE NIPPLE AND THE TOXIC SHOCK」レコーディングに入る。この作品は前作をはるかに越えるとんでもない代物だ。 『俺たちは何も音楽の勉強なんてやっていない。ただできるだけ奇妙なものを作ろうとしていただけなんだ』そうドラマーのChristopherは語る。ハードコア・パンクの初期衝動にデスメタルのノイズを上塗りし、インディー・ロックの緩さ、それらをカオスへと誘うアレンジメント.....。このバンドのサウンドは、まさにバンド名がそれを表現している。