MAROON

MAROONは、98年初頭にドイツのNordhausenにて結成したメタルコア・バンドだ。当初は、EARTH CRISIS、MORNING AGAIN、DESPAIRなどのアメリカン・ニュースクール・ハードコアの影響を反映させたバンドとして活動していた。ブルータルなハードコアにメタル・リフを融合させたサウンドと共に、彼らを語る上では精神性も重要である。政治的な姿勢とヴィーガン・ストレート・エッジの信念に基づいた歌詞についても忘れてはならない。

99年にデモ「THE INITIATE」を制作し、翌00年の春には1st MCD「CAPTIVE IN THE ROOM OF THE CONSPIRATOR」をリリース。同年に行われたヨーロッパ・ツアーではEARTH CRISIS、MORNING AGAINとステージを共にし、01年にはABSIDIAとのスプリットEP、SELF CONQUESTとのスプリットCDをそれぞれリリース。その後はHEAVEN SHALL BURN、CALIBAN、MADBALLとのツアーをこなし、02年には遂に1stアルバム「ANTAGONIST」をアメリカのCATALYST RECORDS (註 : 08年のBLOOD AXE FESTIVALにて来日したRISENのフロントマン、Kurt Catalystが運営するヴィーガン・ストレート・エッジのレーベル) よりリリースする。この1stアルバムはCATALYST RECORDSベストセラー・レコードとなり、南米ツアー、ヨーロッパでヘッドライニング・ツアーを行う。

03年、本国ドイツのALVERAN RECORDSと契約し、2ndアルバム「ENDORSED BY HATE」と1stアルバム「ANTAGONIST」の再発盤を同時にリリースする。「ENDORSED BY HATE」では、ハードコアと同時に聴いて育ったAT THE GATES、THE HAUNTED、IRON MAIDEN、METALLICA、SLAYER、SEPULTURA、DISMEMBERらのメタル・バンドの影響が強く出始め、サウンドがよりメタル寄りに変化していく。Tue Madsen(THE HAUNTED、MNEMIC)をプロデューサーに迎え制作されたこの作品は、それまでの彼らからは想像もつかないほど、メタリックで凶暴なアルバムで、大きな転機にもなった。

06年、CENTURY MEDIA RECORDSとのディールを獲得する。そして3rdアルバム「WHEN WORLDS COLLIDE」発売前に、INDEPENDENCE-D 2006にて待望の初来日が実現。メタルらしい整合感ある演奏と、ハードコア然としたヴォーカリスト、Andreのステージングで、新旧のファンを納得させる怒濤のライヴを披露。 「WHEN WORLDS COLLIDE」はJacob Hansen (MERCENARY、FEAR MY THOUGHTS) プロデュースで制作され、メロディーにより重きを置いたヘヴィー・メタル・アルバムな仕上がりとなった。

「WHEN WORLDS COLLIDE」をリリースした後、KORN、OBIRUARY、STRAPPING YOUNG LAD、ARCH ENEMY、THE BLACK DAHLIA MURDERなど、様々なビッグ・ネームとのツアー、ライヴを重ね、ROCK HARD、WITH FULL FORCE、WACKEN、SUMMER BREEZEのような著名なフェスティヴァルにはほとんど出演を果たす。

07年、ほとんどオフの期間を作らず、4thアルバム「THE COLD HEART OF THE SUN」のための作業を開始する。レコーディングは、前作と同様Jacob Hansenのスタジオと、HEAVEN SHALL BURNのギタリストでもあり、NEAERAやNARZISSのプロデュースも手がけたAlexander DietsのRape Of Harmonyスタジオにて行われた。なお、アートワークを担当したのはMAROONのオリジナル・ギタリストのMarc Zechだ。完成した作品は、激しいブレイクダウンと深みを増したメロディーを融合させたメロディック・デスメタル・アルバムとなった。

結成以来、コンスタントにツアー、アルバム制作を行ってきたMAROONは、今年、09年にも5枚目のフル・アルバムとなる本作「ORDER」を完成させた。プロデュースは、Markus Stock (EISREGEN、THE VISION BLEAK、SECRETS OF THE MOON)、ミックスは、Fredrik Nordstrom (ARCH ENEMY、AT THE GATES、DARK TRANQUILLITY) が担当し、マスタリングは、West West Side Studios (UNEARTH、EARTH CRISIS) にて行われた。
「ORDER」はMAROONの集大成ともいうべき凄まじいアルバムとなっている。メロディック・デスの叙情性と疾走、ハードコア譲りのビッグ・ブレイクダウンが見事なまでに溶け合い、超強力なブルータル・サウンドを叩き付けているのだ。

09年8月末には、BLOODAXE FESTIVAL 09にて2度目の来日が実現する。ヨーロッパを代表するメタルコア・アクトの強力なパフォーマンスを見せてくれることだろう。

MEMBER

Andre Moraweck / ヴォーカル
Sebastian Grund / ギター
Sebastian Rieche / ギター
Tom-Eric Moraweck / ベース
Nick Wachsmuth / ドラム

HomeTown