WAR OF AGES

WAR OF AGESは、02年、ペンシルヴァニア州エリーにて結成。結成当初はPOINT ZEROというバンド名で活動しており、4曲入りのEP「UNITE US ALL」を残している。やがてWAR OF AGESと改名した彼らは、FACEDOWN RECORDS傘下のSTRIKE FIRST RECORDSとサインを交わし、1stアルバム「WAR OF AGES」をリリース。この年には年間250本ものショウを行い、AS I LAY DYING、BURY YOUR DEAD、THE ACACIA STRAINらと共演する。
06年2月、FACEDOWN RECORDSへと所属を移行し、同年9月に2ndアルバム「PRIDE OF THE WICKED」をリリースする。その後の2年間で500回を越えるショウをこなし、その結果、2ndアルバムは17,000枚以上のセールスを記録している。SOILWORK、BLEEDING THROUGH、THROWDOWNなどのシーン第一線のバンドとツアーを敢行し、その合間、07年7月にはセルフ・タイトルの1stアルバムをリレコーディングし、新たに「FIRE FROM THE TOMB」と題された作品をリリースする。
3枚目のフル・アルバムとなる本作は、AS I LAY DYINGのフロントマン、Tim Lambesisプロデュースの下に制作された。KILLSWITCH ENGAGE、そしてAS I LAY DYINGに通じるような、まさに正統派というべきメタルコア・サウンドがここに完成している。特筆すべきはメタル愛が爆発するギター・メロディー。メタル・ファンなら確実にハートを鷲掴みされるであろう素晴らしいメロディーの応酬だ。
09年2月には、DESTROY THE RUNNER、INHALE EXHALEを引き連れヘッドライン・ツアーを行う。WAR OF AGESの快進撃は止まることを知らない。

MEMBER

Leroy Hamp / ヴォーカル
Branon Bernatowicz / ギター
Steve Brown / ギター
T.J. Alford / ベース
Alex Hamp / ドラム

HomeTown