WINDS OF PLAGUE

 元々はBLEAK DECEMBERというバンド名で活動していた彼らは、02年にカリフォルニア州アップランドにて結成する。05年4月にWINDS OF PLAGUEと改名し、彼らが高校を卒業する頃にRECORSE RECORDSよりデビュー・フル・アルバム「A COLD DAY IN HELL」をリリース。
 07年、世界最大級のメタル/ハードコア・レーベル、CENTURY MEDIA RECORDSと契約し、翌年の2月に2ndアルバム「DECIMATE THE WEAK」を完成させる。この作品はビルボードのトップ・ヒートシーカーズ・チャートで初登場9位にランクイン。
 その後、CATHERINE、DEAD TO FALLらとツアーを回り、NEW ENGLAND METAL AND HARDCORE FESTIVALへ出演するなど、ツアー生活で鍛えられていく。
 数々のメンバー・チェンジが起こり、08年にex-ABIGAIL WILLIAMSの女性キーボード・プレイヤー、Kristen Randallを加入すると、再び怒濤のツアー・スケジュールをこなしていく。DANZIG、DIMMU BORGIR、TERROR、EMMURE、STICK TO YOUR GUNSと共演し、09年の4月、3rdアルバムとなる「THE GREAT STONE WAR」のレコーディングを開始する。

 本作のレコーディングは、AS I LAY DYINGを手がけたことで知られるDaniel Castlemanと共に行われ、AUGUST BURNS RED、HEAVEN SHALL BURN、THE HAUNTEDの作品でお馴染みのTue Madsenがミックスを担当。
 ハリウッド映画を思わせる壮大なSEで始まり、壮絶にブルータルなサウンドが轟く。獰猛なスクリームに反してツイン・ギターの織りなすメロディーの絡みは美しい。そしてどこか和テイストを感じさせるKristenの妖艶なキーボードは過去最高の荘厳さでアルバムに大きなアクセントを加えている。今を代表するデスコア・バンド、SUICIDE SILENCEのフロントマンであるMitch Lukerが "Classic Struggle" でゲスト・ヴォーカルで参加しているのもアルバムのハイライトのひとつ。

 09年6月にはNECROPHAGIST、SUFFOCATION、DARKEST HOURらとSUMMER SLAUGHTER TOURに、その後はHATEBREED、CHIMAIRAというビッグ・ツアーに帯同する予定。
 そして待望の初来日は、9月に行われる。現代ハードコアの頂点に君臨するTERROR、そして日本を代表するLOYAL TO THE GRAVEと共に5公演を行う。

MEMBER

Johnny Plague / ヴォーカル
Nick Piunno / ギター
Nick Eash / ギター
Andrew Glover / ベース
Art Cruz / ドラム
Kristen Randall / キーボード

HomeTown